月別アーカイブ

冬物もラストスパート!!

| トラックバック(0)

こんにちわ!!


相変わらず寒い日が続いていますね。

(今日は少し暖かめ?!)

 

本日ご紹介するアイテムは冬の定番アイテムの

NORTH FACE 茶タグ ダウンジャケット フード付きです。

IMG_5461.jpg

定番のアイテムですがまだまだ人気の高いアイテムです。

IMG_5462.jpg

なんと前のオーナーのイニシャル入り(笑)

IMG_5469.jpg

ジップはもちろんTALON ZIP社製!!

IMG_5470.jpg

フードについてるタグです。

IMG_5471.jpg

こちらのフード、色は同じですが年代が違います。フードは比較的新しいと思います。

 

サイズはL表記ですが、本来のLより少し小さめです。(MとLの中間ぐらい)→→→→→実寸は(身幅58cm着丈70cm肩幅50cm袖丈65cm)


THE NORTH FACEについて

1968年にサンフランシスコで産声を上げたTHE NORTH FACEは、当初小さなメーカーでしたが、まもなく発売したスリーピングバッグにより高い信頼を獲得するようになります。高品質なだけでなく、最低何度の 気温まで快適に使用できるかという「最低温度規格表示」を明記したことが反響を呼びました。折しも、ベトナム戦争が泥沼化していた時代。物質文明中心の社 会や既存価値に対するカウンターカルチャーが隆盛を極めつつありました。鋭敏な感覚を持った若者たちは街を出て、自然へと回帰して行きます。そんな彼らの エネルギーと、常識にとらわれないTHE NORTH FACEのスタイルが共鳴し、やがてバックパッキングブームが巻き起こります。
1970年代初頭には、20世紀のレオナルド・ダヴィンチと称されるバックミンスター・フラーとの鮮烈な出会いがありました。そして、彼の提唱するジオデ シック(大円上の2点間の最短距離からなる総三角形化)とテンセグリティ理論(真の構造は連続した張力が不連続な圧縮力を統合する相互作用〈シナジー〉か らなる)に基づいた世界初のドーム型テントを開発します。このテントは1976年、イギリス・カナダ合同隊によるパタゴニア遠征で伝説を残しています。


社名は

ザ・ノース・フェイス、1968年のことでした。

UCBの近く、テレグラフ・ストリートに最初の直営店を構えたハップ・クロップの理想は、

自社の製品やブランドイメージが、あの「アイガー北壁」のように他を寄せ付けない、

孤高の頂点に上り詰めることでした。会社のロゴもあの北壁をイメージした

シンプルなものでした。 68年という時代、バークレーという場所、ウトドアエクイプメント、すべてが

当時の若者に支持されるキーワード「革新」であり「新しい価値観」でした。

 

Ruthsac
創業の翌年に発表された最初のダウンジャケット。ザ・ノース・フェイスは
当初から、高品質のグースダウンをアウターウェアに使用しました。
後になって「繊維製品におけるアメリカ合衆国工業規格」により、
ダウンウェアの品質規格が定められました。

ダウン(羽毛)が80%以上、フェザー(羽)が18%以内、その他2%以内が
規格ですが、それまでのダウンウェアメーカーの80%が不合格となる中で、
ザ・ノース・フェイスは難なくクリアしたのです。

シエラパーカは、生地が65/35の混紡のものと、リップストップ・ナイロン
のものがあり、後者は「シェラリップ」と呼ばれました。フロントファスナーをカバーする、
金属のドットボタンが付いたダウン入りのフラップ。大きなカーゴポケット。ハンドウォーマーなど、
ダウンジャケットの原型として、多くのイミテーションを生みました。
Ruthsac
ルウスサックは、アルミのインターナルフレームとパッド付きのヒップベルトを
装備した、最初のパックでした。

今では当たり前になっていますが、ファスナーに2個の大型スライダーがあって、
そのファスナーでパック全体を開く事が出来る、現代のデイパックの構造を
持つものでした。
Cat's Meow
キャッミューは、セラニーズ社が開発した中空の科学繊維ポーラーガードを
採用した、バックパッキングに担いでいける範囲で、最も軽い化繊の
スリーピングバックを目指してデザインされました。

ポーラーガードは、同じ温かさをだすにはダウンのほうが軽くて
小さくなるのですが、濡れるとヘタッてしまうダウンに比べ、
湿気の多いところでも、ロフト(膨らみ)を失うことなく、保温力を保ってくれます。
現在でもキャッミューは、ザ・ノース・フェイスの中で最も売れている
スリーピングバックの一つです。
Oval Intention Tent
ーバルインテンションは、建築家でありデザイナーであり、哲学者でもある、
リチャード・バックミンスター・フラー博士のジオデシック(測地線)ドーム理論を
採用した、最初のバックパッキング・テントです。博士の提唱する
ジオデシック(測地線)ドーム理論は「生物の卵は全て球形であり、
これは球体が外部の力に対して最も強いからだ」というものです。

かつてザ・ノース・フェイスの生産担当部長だったブルース・ハミルトンが
フラー博士の直弟子であり、この理論をテントに応用することができました。
オーバルインテンションの革新はデザインだけではありません。
ポールとポールのあいだをゴムで繋ぐショックコードや、
フレシキブルなアルミポールも、ザ・ノース・フェイスが
最初に開発したものです。全てのザ・ノース・フェイスのテントは、
この大発見に基づいてデザインされています。

1976年、この理論と実際のテントの強度を証明する出来事がありました。
イギリス、カナダ合同のパタゴニア遠征隊は、時速200kmといわれる暴風雪に襲われました。
他のテントが次々と吹き倒されるなか、オーバルインテンションだけが飛ばされることなく、
隊員の命を守ったのです。その後世界のテントはドーム型が主流になりました。
Back Magic
人間が歩く時には、左右の肩と腰が前後運動をします。
従来のリジッドフレームパック(フレームに柔軟性が無い)では、
この動きに追従することができず、肩や腰に疲労が残ります。

新しいパックは、アルミ合金のアウターフレームの腰の部分に、
強化樹脂でできたジョントをつけ、これにヒップベルトを装着したのです。
バックマジックの独立した柔軟なジョイントは、肩や腰の動きに
合わせて可動し、歩行中の疲労を軽減しました。
Mountain Jacket
マウンテン・ジャケットは、発表以来、本格的なアウトドアパーソンによって
支持されて来ました。このジャケットは、寒冷地での完全な衣服として、
すぐに遠征隊のシステムに革新を呼びました。そしてその後の
ザ・ノース・フェイスのアウターについて、厳しいデザインの基準になりました。
MET5
アウトドアでのウェアの保温というのは、実は自分の体温なのです。
ジャケットしかり、スリーピングバックしかり、熱源は人体にあります。
良い例がスリーピングバックで、入ってすぐにはあまり暖かくありませんが、
しばらくすると暖かさを感じるようになります。

これはスリーピングバックの中の保温素材(ダウンなど)に
閉じ込められた空気(デッドエア)が、体温によって暖められ、内部の温度が
上がるからです。人が入っていないスリーピングバックが暖かくないことを
考えると、理解しやすいと思います。

もし人体以外の熱源があったら、もっと暖かくなるはずです。
以前から靴下やグローブなどに、ニクロム線を配して乾電池で暖める製品がありましたが、
保温力の調整や重量の問題があり、あまり実用品としては普及しなかったようです。

ザ・ノース・フェイスの最新テクノロジーは、世界で初めてジャケット自体を暖めることに
成功しました。ポーラーテックのフリースで有名なモルデンミルズ社と、
ザ・ノース・フェイスの技術がコラボレート。胸部に熱伝導率の高い直径14ミクロンの
極細繊維を使用、充電式リチウム電池で40,5度Cと45,5度Cの切り替えも可能です。

このバッテリーユニットは洗濯時に取り外もでき、40,5度であれば5時間継続します。MET5は、
生地にモルデンの防風透湿フリース・パワーシールドなど数種類のフリースを使っており、
それ自体でも十分暖かいのですが、このシステムにより、アイスクライミングなどで確保の
時間が長いときや、極寒のなかでシャッターチャンスを待っているような時に、
最高の威力を発揮します。

METとは、活動時の新陳代謝のことで、MET5は筋肉がスムーズに
動くようになる状態を表します。風呂の温度と一緒になる訳ですから、筋肉の動きもベストの状態
になるわけです。しかも総重量は882gに抑えられています。
 
 
こんな歴史のあるダウンジャケットはいかがでしょう??
 


こちらも歴史の深いエディーバウワーのダウンジャケット!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
IMG_5475.jpg

 

店内には他にもいろいろなものがありますので、是非一度ご来店下さい。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.americandream-web.jp/tkn/mt-tb.cgi/250

このページのTOPへ